妊娠初期症状に関する記事はこちら!

[金沢]武家屋敷跡野村家で庭園を眺めながらお茶を頂いてきた

[金沢]武家屋敷跡野村家で庭園を眺めながらお茶を頂いてきた

金沢市内には今でも武家屋敷や土塀・石畳など江戸時代の面影を残したままにしている長町という地域があります。

中でも観光客に人気のある武家屋敷跡 野村家がとてもおすすめなのでご紹介します。

えびグラタン

野村家はミシュラン二つ星の庭園がある他、お茶室でお茶もいただくことが出来ます。非日常的な世界でした。

 

武家屋敷跡 野村家とは

武家屋敷跡野村家とは加賀藩の重役を歴任した野村家の屋敷跡です。中級武士の当時の歴史を感じることが出来る屋敷を550円で見学でき、日本庭園眺めながらお茶をいただくこともできる人気の観光スポットです。

2009年にミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで武家屋敷跡野村家は二つ星を獲得しました。金沢で2つ星を獲得したのは武家屋敷跡野村家と21世紀美術館で、最高の3つ星は兼六園が獲得しています。

えびグラタン

兼六園ほどの広さはないものの、眺めていると時間が過ぎるのを忘れてしまうくらい美しい庭園でした

兼六園の記事はこちら↓

兼六園の雪吊りは冬の朝がおすすめ 兼六園は冬の早い時間帯がおすすめ!雪吊りと雪化粧の様子
武家屋敷エリアはガイドさんがおすすめ!
この辺りを散策するならガイドのボランティア「まいどさん」はおすすめです。ただただ歩くだけなら”すごい”で終わってしまうことも、ガイドさんに説明してもらいながら歩くと、また別の角度から歴史を学べます。

※所要時間30分、料金は無料。長町武家屋敷休憩館に在中

基本情報・アクセス

北陸鉄道バス:「香林坊」バス停 徒歩5分

住所 石川県金沢市長町1丁目3−32
TEL 076-221-3553
営業時間 8:30~17:30(4月~9月)、8:30~16:30(10月~3月)※入館は閉館の30分前まで
定休日 12月26日、27日
入館料 550円 ※お茶は別料金300円
駐車場 6台
公式サイト 武家屋敷跡 野村家

 

野村家の濡れ縁とミシュラン獲得の日本庭園

こちらがミシュラン2つ星を獲得し、2003年にはアメリカの庭園専門誌で日本庭園部門第3位を獲得した野村家の庭園です。(第1位は島根の”足立美術館庭園”、第2位は京都の”桂離宮”※2003年ランキング)

えびうさ

世界で取り上げられていることもあり、野村家は海外からの観光客の方もとても多かったです。

100,740㎡の兼六園と比べ、300㎡と庭園自体はそこまでの広さはないのですが、落差2mの滝があったり、桜御影石でできた大架け橋があったりと日本庭園の良さがぎゅーっと凝縮されているような庭園でした。

庭園自体が立体的に造園されているので、広く感じます。12基の大きさやデザインが違う灯籠もありました。濡れ縁のすぐ下まで曲水が流れいるので癒されます。

曲水とは
曲がりくねって流れている小川の事

濡れ縁に座っていると流れる水の音が聞こえ、すぐ足元には大きな鯉が泳いでいる…非日常な空間を味わうことができます。濡れ縁は十分に足を伸ばして寛ぐことが出来るほど、幅がしっかりとありました。

濡れ縁とは
縁側の部分が大きく飛び出た部分のこと。雨が降ると濡れてしまうのが縁側との大きな違いです。

えびグラタン

ドラマなどでおじいちゃん、おばあちゃんが座って寛いでいるイメージがありますね

えびうさ

襖は保護のためにガラス張りになっているので少しだけ現代感がでていますね。

こちらの上段の間に藩主を招いたそうです。奥の部屋には入室できませんが、障子が半分ガラス張りになっているので庭園を見渡すことができます。総檜造りの格天井や、透かし彫りの釘隠しなど加賀文化を感じることができる部屋です。

茶室でお茶とお干菓子


2階の「不莫庵(ふばくあん)」というお茶室では、300円の追加料金でお茶と干菓子をいただくことができます。この日は外国お方が多く、多くの方がお茶室を利用していましたよ。

えびグラタン

抹茶はまろやかで飲みやすく、干菓子はきな粉とマカダミアナッツが入っておりコロコロ丸くて可愛い干菓子でした♡
干菓子(ひがし)とは
水分の少ない和菓子の総称で、金平糖や落雁、和三盆などをいうことが多い。

えびうさ

器も可愛いです

お茶とお菓子は隣の部屋から運んでくれて、あとはお客様だけの状態になるので周りを気にすることなくカジュアルにお茶を楽しむことができました。作法を教えてもらったところ、左手にお茶碗を乗せて右手で2回時計回りに回してから飲むそうです。

えびグラタン

本当はもっと細かな作法もあるそうですが、ここでは気楽に日本の文化を体験することが出来ますね!

お茶室から見える景色です。ちょうど庭園を見下ろすことができる位置です。

お茶室までの通路もまるで庭園を歩いているかのようなデザインです。途中急な階段もあるので、足腰の弱い方は注意してくださいね~!

まとめ

日本にいながら日本庭園や、お茶に触れる機会ってなかなかないので金沢観光で野村家を見学して本当に良かったと思います。

畳に座ったり、濡れ縁に座ってみたりと心から癒されるような独特な空気感はこういった武家屋敷ならではです。華やかな街でショッピングや食べ歩きも楽しい金沢ですが、こういった日本の文化を直に味わえるような体験もぜひしてみてくださいね。

 

合わせて読みたい
金沢カテゴリー
・兼六園
・るるぶに載ってないインスタ映えカフェ
・おすすめホテル
・近江町市場
・ひがし茶屋街 など
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)